初めて塗り替えをご検討の方

外壁塗装でお悩み、ひなたペイントが解決します

0120-411-606
お問い合わせボタン

【奈良周辺の外壁塗装】外壁塗装の飛び込み営業には要注意

飛び込み営業のトーク

突然、家のチャイムが鳴り外壁塗装を勧められた経験がある人もいるでしょう。 多くが外壁の劣化を指摘され、この話で契約をすれば安くできるとか、キャンペーン中のため周辺を回っているなど、巧みなトークで外壁塗装を勧められます。 そのように頼んでもいないのに、勝手に訪問して外壁工事を勧められることを飛び込み営業と言います。 飛び込み営業は、外壁塗装が必要だと思っていなくても不安を煽り、今なら安くできると契約を迫られることが多いです。 話を聞いて長期間、外壁塗装を行っていない場合や、外壁塗装のことなど考えていなかった人は不安になってしまう人もいるでしょう。 飛び込み営業が来た場合の注意点を知っておくことが大切です。 信頼できる業者か、契約をしてはいけない業者なのかは、ある程度、話す内容から判断することができます。

飛び込み営業は内容に注目する

外壁塗装の飛び込み営業が来た場合には、話をしている内容に注目しましょう。 外壁の劣化を指摘されたときに、どのような場所がどのように塗装が必要なのかを説明できないようでは、正しい判断をしているとは言えません。 また、やたらと契約を迫ってきたり、不安を煽ったりするような話はお客様のことを考えていないとも言えるでしょう。 良心的な業者は検討する時間を設けて、再び話をするようにするなど契約を急がせるようなことはしないのです。 不安を煽るような話をする営業マンも要注意です。 一般的に外壁塗装のことを知らない人が多いでしょう。 知らないことを良いことに、専門用語を巧みに使い、あたかも今すぐ施工しなければ家が壊れてしまうような大げさなことを言う人もいるのです。 また、外壁を見せてくださいとの飛び込み営業も注意が必要です。 外壁を見るだけと言いながら、その家の家族構成などを把握するためだけの営業マンもいます。 高齢者や住宅にお金をかけている人は、契約できそうだと判断すると、その時は外壁塗装を勧めなくても、後日再び訪問してくるケースもあるのです。 外壁塗装の飛び込み営業では、話している内容が正しいことなのかを知り、信頼できる業者なのかを見極めるようにしましょう。 奈良県・三重県・大阪府・京都で外壁塗装をお考えの方は、外壁塗装専門店ひなたペイントをご利用ください。