初めて塗り替えをご検討の方

外壁塗装でお悩み、ひなたペイントが解決します

0120-411-606
お問い合わせボタン

【奈良周辺の外壁塗装】フッ素塗料のポイントとは

特徴を知っておこう


外壁塗装には様々な種類の塗料がありますが、無機塗料を業者から勧められることもあるでしょう。
専門業者から勧められたものは安心できるイメージがありますが、どのような特徴があるのかを知った上で検討することが大切です。
メリットとデメリットを知り、自分の家に適切かどうかを判断してください。
まず、無機塗料はセラミックやケイ素など無機物を主成分としたもので、紫外線にさらされても変化が起こりにくいという性質を持っています。
そのため、屋根など紫外線がダイレクトに当たる場所に塗ると劣化がしにくく、寿命が長くなるというメリットがあります。
15年以上の高い耐候性が期待でき、壁の表面を長期的に保護することができるのです。
実際に紫外線による塗膜の劣化を解決するために開発されました。
また、不燃性もあります。
炭素を含まない成分でできているため、燃えにくく、二次災害の確率も下げることが可能です。
他には、カビや苔が発生しにくいことが挙げられます。

何が違う?


一般的な塗料のほとんどは有機塗料であるため、迷うことがあるでしょう。
大きな違いは樹脂にあります。
石油などの有機物からできる樹脂を使用したものです。
利点はひび割れに強く、安いものから高いものまであるため、予算に合わせて選びやすいということが挙げられますが、無機とは反対に紫外線の影響が受けやすく、耐火性が低いという点がデメリットです。
無機塗料は耐候性、不燃性が高く、カビや苔が出来にくいという利点がありますが、良いことばかりではありません。
他のタイプよりも価格が高く、ひび割れしやすいのです。
そのため、あまり予算がないという場合は、家全体に塗ることができないかもしれません。
その場合は、紫外線が当たりやすい場所だけに用いると良いでしょう。
種類を使い分けるとコスト削減することができます。
ひび割れがしやすいというデメリットは、塗膜が硬く横に伸びないという性質があるからです。
このように様々な特徴があるため、把握した上で検討してみてはいかがでしょうか。
奈良県・三重県・大阪府・京都で外壁塗装をお考えの方は、外壁塗装専門店ひなたペイントをご利用ください。