初めて塗り替えをご検討の方

外壁塗装でお悩み、ひなたペイントが解決します

0120-411-606
お問い合わせボタン

【奈良周辺の外壁塗装】外壁塗装の寿命について

放置すると大規模な工事が必要になる

家を建てる時には外壁塗装も行われますが、しばらく塗り替えていない人も多いのではないでしょうか。 新築時は外観も綺麗ですが、時間が経つと汚れてくるため、劣化が気になったら業者に依頼して塗装するでしょう。 しかし、中には劣化や汚れていくのは仕方のないことだと思って、放置する人も少なくありません。 外壁塗装は綺麗な見た目を維持するだけでなく、塗料の機能性を維持したり、建物を守るなど重要な役割があります。 完全に機能が失われ、建物にダメージが与えられると、家そのものを建て替えなければならないほど大規模な修繕工事に発展する可能性があります。 寿命がくる前に施工を依頼することが大切です。 寿命は塗料の種類によって違いがありますが、時期を間違えるとダメージがひどくなります。 そのため、耐用年数の知識を身につけて適切な判断をしなければなりません。

大きく関わる2つのポイント

外壁塗装の寿命は2つに分けることができます。 一つは塗料、もう一つは建物です。 この2つが塗装の寿命に大きく関わってくるため、知っておきましょう。 塗料の耐用年数については、アクリル系、ウレタン系、シリコン系などの種類ごとに異なります。 最も短いのはアクリル系です。 4〜7年ほどしか持たず耐久度がよくありませんが、価格が安い傾向にあります。 現在ではほとんど使われていません。 ウレタン系は6〜10年ですが、8〜15年も持つシリコン系の方が人気であるため、ウレタン系は、それほど使われていないようです。 最も長いのはフッ素系、遮熱系、無機系の3つです。 15〜20年ほど持つとされています。 しかし、その分価格が高くなるため、バランスを考慮して決めてください。 施工時に、どの種類を使ったのかによって塗り替え時期が異なるため、必ず確認することが大切です。 また、建物の耐用年数は建築材によって違います。 長いものだと鉄骨鉄筋コンクリート造で47年とされていますが、しっかりメンテナンスをしていなければ短くなるため、良い状態を保てるように塗り替えをしなければなりません。 しばらくメンテナンスをしていない人は、業者に相談をしてみてはいかがでしょうか。 奈良県・三重県・大阪府・京都で外壁塗装をお考えの方は、外壁塗装専門店ひなたペイントをご利用ください。