初めて塗り替えをご検討の方

外壁塗装でお悩み、ひなたペイントが解決します

0120-411-606
お問い合わせボタン

【奈良周辺の外壁塗装】アレルギーがある人が気をつけることとは

体に影響を与える?



特定の食べ物を摂取すると痒みや酷いときは呼吸困難になったり、埃を吸うと咳やくしゃみが出たりなどの、アレルギーを持っている人も多いのではないでしょうか。
どんなものに反応するかがわかっていれば、工夫して生活することができますが、意外なものが原因で発症することがあります。
例えば、外壁塗装です。
外壁塗装は劣化した家を守ることや修理には大切なことですが、塗料に含まれるホルムアルデヒドやトルエン、キシレンなどが原因でシックハウスやアレルギーを発症させることがあります。
家の外観を綺麗にして、機能を維持するために行いますが、それが健康に大きな影響を与える可能性があるのです。
厚生労働省や文部科学省、国土交通省、経済産業省、環境省など様々な団体が室内環境濃度基準を設けて安全に暮らしていけるように規制しています。
しかし、これは室内に限られたことであり、屋外に関しては規制の対象となっていないようです。
それは、空気中に放散されるため、室内で過ごしていれば健康に直接的なダメージを与えないと考えているからです。
自分の身は自分で守らなければならないため、有害な物質が含まれていない塗料を選ぶ必要があります。

選び方に注意



アレルギー対策として塗料を選ぶ際は水性がポイントです。
シンナーが含まれる溶剤系と比較すると、シックハウスの原因となる揮発性有機化合物の量が少なく、臭いも軽減されます。
日本塗料工業会のガイドラインでも、できる限り水性を選ぶように推進しています。
また、ラベルやカタログにホルムアルデヒド放散等級が記載されているので、確認して選ぶことも大切です。
この記載があるものは、規制の対象外になっているため室内で使っても健康に影響を与えないものとされています。
また、ゼロVOCやVOCフリー、低VOC、と記載されているものも安心です。
外壁塗装を業者に依頼すると安心できるイメージがありますが、どんなものが使われているのかなど確認するようにしましょう。
業者によって扱っているメーカーなどは異なるため、説明を聞いて納得した上で依頼することが大切です。
奈良県・三重県・大阪府・京都で外壁塗装をお考えの方は、外壁塗装専門店ひなたペイントをご利用ください。