初めて塗り替えをご検討の方

外壁塗装でお悩み、ひなたペイントが解決します

0120-411-606
お問い合わせボタン

【奈良周辺の外壁塗装】結露をなくすための外壁塗装の必要性

放置は危険

結露に悩まされている人もいるのではないでしょうか。
少し湿っているだけであれば気がつかなかったり、それほど気にならないかもしれませんが、酷い場合は天井から水滴がポタポタと落ちてきて、クロスまで濡れることも少なくありません。
よく冬場は室内の温度と外の気温の差が生まれて窓ガラスがびしょ濡れになりますが、天井やクロスまで濡れてしまうのには原因があります。
特に、古いお家は注意しなければなりません。
経年劣化によりヒビや割れ目が生じ、そこから雨水が入ってきて柱をつたり、家の土台に溜まって室内が湿気て、あちこちに結露が発生するのです。
放置していると黒カビが発生し、アレルギーやアトピー、喘息などの病気にかかる可能性が出てきます。
では、どのように予防するべきなのでしょうか。
住み心地の良いお家を保つために、予防方法を知っておきましょう。

塗り直そう

方法の一つは、外壁塗装です。 水分を拭き取ってもまた発生し、お掃除が大変であるため根本的な原因を解決しなければなりません。
元の原因はヒビであるため、塗料を塗ってヒビ割れをコーティングし、雨水の侵入を防ぐ必要があります。
柱や土台まで水が溜まっている状態であるため、すぐに解決するわけではありませんが、しばらくすると乾いていきます。
また、結露を防ぐだけではありません。
傷や汚れを放置しておけば、どんどん悪化して建物を建て替えなければならなくなります。
早いうちに対処しておくと、莫大な修繕費をかけずに済み、短い工期で終わります。
しかし、塗料選びには注意が必要です。
予防するどころか、さらに症状を悪化させてしまう場合があります。
できるだけ安く済ませたいものですが、コスト削減を第一に考えて安すぎるものを選ぶようなことはしないでください。
安すぎるものは防水性や耐久性がそれほどなく、すぐにまた塗り直しが必要になるケースがあります。
なんども塗り直していると費用だけでなく、厚塗り状態になるため壁が呼吸できなくなり、湿気の逃げ場がなくなってしまうのです。
業者と相談しながら適切なものを選ぶことが大切です。
奈良県・三重県・大阪府・京都で外壁塗装をお考えの方は、外壁塗装専門店ひなたペイントをご利用ください。