初めて塗り替えをご検討の方

外壁塗装でお悩み、ひなたペイントが解決します

0120-411-606
お問い合わせボタン

【奈良周辺の外壁塗装】外壁塗装を検討したほうが良いサインとは

進行する前に

外壁塗装を以前意に一度したっきりで、その後、塗り直しをしていないという場合も多いのではないでしょうか。 次のタイミングが分からないことや、きっかけがないため、ついつい放置してしまいがちです。 そのような場合は、外壁塗装を行うべきサインを知っておくと適切な判断ができるようになります。 サインは主に6つです。 そろそろ塗り替えようと思っている場合は、確認してみてください。 全てのサインに気づくことは難しいですが、できるだけ早い段階で気がつくことができれば外壁塗装費も安く抑えることができます。 症状が進行すると最悪の場合、建物自体を建て直さなければならなくなるのです。 余計な費用を発生させないためにも、サインに注意してみましょう。

6つの現象をチェック

1つは、チョーキング現象です。 これは代表的な現象で、壁を手でこすったときにチョークのような白い粉がつきます。 塗料は樹脂に顔料など様々な材料が混ぜてできており、塗りたての時は手で押したりこすったりしても付着することはありません。 しかし、常に外気にさらされていると自然と劣化が進んで、塗料に含まれていたものが粉状となって塗膜表面に付着するようになるのです。 チョーキングを発見したら放置せずに業者に依頼してください。 2つ目は錆びです。 錆びが広がると、穴が空いて一気に耐久性が落ちます。 金属系であれば雨漏りの原因となり、内部まで腐らせてしまうため注意してください。 3つ目は色褪せです。 毎日、過ごしていると色の変化に気がつきにくいでしょう。 その時は色褪せを確認するために、新築時の写真などと見比べてみると判断できるはずです。 4つ目はひび割れです。 髪の毛のように細い多少のひび割れであれば、急ぐ必要はありません。 しかし、大きく亀裂が入っている時は要注意です。 進行すると下地まで到達し、雨水や害虫、菌が侵入して内部まで腐食させます。 5つ目は剥がれです。 剥がれていると保護されていない状態であるため、すぐに業者に依頼しなければなりません。 放置すると大規模なリフォームが必要になります。 最後はコーキングの亀裂です。 根本から補修しなければ解決しません。 このような症状が現れていないか確認してみてはいかがでしょうか。 奈良県・三重県・大阪府・京都で外壁塗装をお考えの方は、外壁塗装専門店ひなたペイントをご利用ください。