【奈良周辺の外壁塗装】外壁塗装の目的とは

1外壁塗装の目的を知ろう

マイホームを建てる際に外壁塗装を行いますが、本来の目的を理解して外壁塗装をしている人は、あまり多くないのではないでしょうか。
目的は主に3つあります。
1つ目の目的は、外観を美しくさせることです。
好きな色や周囲の環境とマッチする色を選ぶことができ、自分好みの家に仕上がります。
定期的に塗り替えをすると、新築のような見栄えを維持することができるでしょう。
2つ目は、防水性を強化して家を守ることです。
外壁は常に外気にさらされており、雨や雪が降るなど自然現象の影響を受けやすい箇所でもあります。
外壁塗装を行わず、塗装をしてから何年も経過すると防水性が低下してしまいます。
防水性が落ちると傷みの原因となるため、定期的に塗り直しが必要です。
また、丁寧に塗装されていないと防水性が悪く、外壁が傷む原因となるため注意してください。

家を守るために必要な外壁塗装

3つ目の目的は、強度の低下を回復させることです。
どんなに傷みに気をつけていても、経年劣化によってひび割れや剥がれが発生します。
そのまま放置していると、症状が悪化し外壁塗装だけでは修復できないことも少なくありません。
雨漏りしている場合は、劣化が進んでいる証拠であるため、注意が必要です。
軽い症状のうちに、塗装をすると強度が回復します。
また、塗装の工程の中で下地処理という作業がありますが、この作業を丁寧に行うことで強度がアップします。
このように、外壁塗装は家を美しく見せるためだけに行うものではありません。
家の劣化を防ぐ重要な働きがあるのです。
外壁塗装をするころで、大切な家の寿命を延ばし、耐久性を高めます。
一般的に、塗替えの時期は6、7年が目安となるため、10年以内には塗り替えが必要になるでしょう。
地域によっては劣化が進みやすいこともあります。
その場合は、6、7年経過していなくても、ひび割れや剥がれなどの症状が発生することも少なくありません。
定期的に外壁を確認して、塗り替えのタイミングを判断することが大切です。
奈良県・三重県・大阪府・京都で外壁塗装をお考えの方は、外壁塗装専門店ひなたペイントをご利用ください。