【奈良周辺の外壁塗装】外壁塗装を行う適した時期とは

10年を目安に外壁塗装の塗り替え

そろそろ外壁塗装を行う時期だという人もいるのではないでしょうか。
一般的に、外壁塗装の塗り替え時期は10年が目安です。
10年ごとに外壁塗装の塗り替えをすることで、建物の美観を維持することができ、建物そのものの耐用年数を伸ばすことができます。
住宅の資産価値を高めるためにも、10年に1度の外壁塗装の塗り替えは大切です。
しかし、10年経過していなくても外壁塗装の塗り替えが必要な場合もあります。
自宅の外壁を確認することはあまりありませんが、しばらく外壁塗装をしていない人は一度確認してみてはいかがでしょうか。
劣化が進むと外壁塗装だけでは改善できない問題もあります。
大掛かりな修繕が必要になり、外壁塗装以上のお金がかかることも少なくありません。
そのため、8年ほど経過している場合は月に1度外壁を確認し、異常がないか調べる必要があります。

症状が悪化する前に塗り替えしよう

外壁にヒビ割れ、剥がれ、汚れ、色褪せ、カビ、藻、サビ、腐食が見られる場合は、注意が必要です。
また、塗装が膨れ上がっている場合も塗替えのサインです。
汚れや色褪せは自然に起こることだと思っている人もいるのではないでしょうか。
放置すると劣化や痛みが進んでいくため塗り替えを検討しなければなりません。
見た目だけでなく、手で外壁を触って確認することも大切です。
外壁の表面を手でこすったときに手に白い粉がつくことがあります。
これはチョーキング現象というもので、塗料の防水効果がなくなったときに起こる現象です。
また、外壁に水をかけると変色する場合もチョーキング現象が発生しています。
10年を経過していなくても防水効果がないまま生活すると、雨漏りなどの被害が発生するため、放置してはいけません。
チョーキング現象があるからといってすぐに外壁塗装の塗り替えをしなければならないというわけではありませんが、塗り替えの時期であるサインであるため見逃さないようにしましょう。
チョーキング以外にも異常がある場合は、10年経過していなくても外壁塗装の塗り替えを行う時期です。
症状が悪化する前に、時期を見極め外壁塗装の業者に依頼しましょう。
奈良県・三重県・大阪府・京都で外壁塗装をお考えの方は、外壁塗装専門店ひなたペイントをご利用ください。