初めて塗り替えをご検討の方

外壁塗装でお悩み、ひなたペイントが解決します

0120-411-606
お問い合わせボタン

【奈良周辺の外壁塗装】外壁塗装でもらえる補助金制度とは

自己負担を減らして施工するために

自己負担を減らして施工するために 外壁塗装は毎年行うものではありませんが、一度にかかる施工費が高額なため、また来年にしようなどと先延ばしにしてしまいがちです。 劣化すると見た目が悪くなるだけでなく、建物の構造部分まで影響を与えるため、適切なタイミングで塗り替えする必要があります。 劣化がひどくなると建物の建て替えが必要になり、塗り替え以上のお金がかかってしまうこともあるのです。 しかし、金銭面から施工をしたくてもできない家庭もあるのではないでしょうか。 その場合は、補助金制度を活用するという方法があります。 自治体によって適用条件は違いますが、その条件を満たすと返金不要の援助を受けられる心強い制度です。 知らないと損をする可能性があるため、制度の内容を知った上で上手に利用しましょう。

3つの特徴

3つの特徴 外壁塗装で利用できる補助金には3つの特徴があります。 一つは、申請期間が短いことです。 自治体が設けた要件を満たしていても申請期間を逃すと受けられません。 二つ目は審査です。 これは、基準に則って審査を受けなければなりません。 三つ目は助成金よりも金額が大きいケースが多いことです。 もらえる金額が大きい分、誰でも適用されるというわけではありません。 助成金は補助金とは異なり、申請期間が長く誰でも受けられるという特徴があります。 補助金よりもハードルの低い制度であるため、審査が不安という人は助成金も検討してみるとよいでしょう。 また、補助金も助成金も環境に配慮したリフォームを行うことが適用の条件となります。 適用対象となる塗料を用いることや、申請する地域に住んでいること、着工前に申請を行うこと、耐震基準を満たしているお家であることなど、それぞれの自治体によって細かく基準があるため確認しておきましょう。 同じ都道府県でもエリアによっては受け取れる額や対象条件が異なります。 住んでいる地域が設けている制度や要件をよく調べて、自分が適用されるかどうか確認してみてはいかがでしょうか。 わからなければ相談することも大切です。 奈良県・三重県・大阪府・京都で外壁塗装をお考えの方は、外壁塗装専門店ひなたペイントをご利用ください。