初めて塗り替えをご検討の方

外壁塗装でお悩み、ひなたペイントが解決します

0120-411-606
お問い合わせボタン

【奈良周辺の外壁塗装】初心者が失敗しないために必要なこと

初心者が知っておきたい3つのこと

外壁塗装は定期的に塗り替えを行って、自宅を保護していく必要がありますが、初めて依頼するという人もいるのではないでしょうか。 初心者が失敗しないために知っておく必要のある項目があります。 一つは塗料についてです。 専門業者ではない限り、塗料の種類やそれぞれの性質、特徴などを把握している人は少ないでしょう。 何度も塗り替えを経験している人であればある程度の知識が身についていきますが、初心者は聞いたことのない塗料ばかりでどのような特徴があるのか知らず、おすすめされたものを選んで失敗してしまうケースがあります。 もちろん、プロの意見を聞くことは大切ですが、仕上がりが自分の要望と異なることがないように、基本的なことは知っておくべきです。 まずは、アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系などの種類の特徴をそれぞれチェックしておきましょう。 どれもメリットだけでなくデメリットもあります。 デメリットも理解した上で最適なものを選んでください。

工法と材料の特徴

初心者が知っておきた二つ目の項目は、塗装工法です。 材質や道具によって異なりますが一般的には、刷毛、ローラー、吹き付けの3つの工法が用いられます。 刷毛は細かい部分も綺麗に塗ることができますが、一度に塗れる面積が狭いため、工期が延びることがあります。 ローラーは刷毛とは異なり、長く広い面でも一気に塗っていくことが可能ですが、隅や細かい部分には不向きです。 吹き付けはローラーと同じく広い面積でも一気に塗ることができますが、塗料が飛び散ったり凸凹がある場所は塗り残しが発生しやすいため気をつけなければなりません。 三つ目は外壁材です。 材料にも様々な種類があり、それぞれの特徴も異なります。 モルタルはひび割れやチョーキング現象が起きやすかったり、金属系サイディングボードはサビ、潮風に弱い、コンクリートは爆裂しやすかったりするなどと起きやすい症状も違います。 特徴がわかればどのような塗装が必要になるのか、また業者が言っていることは正しいのか自分で判断することができるようになるため、失敗するリスクを軽減するためにもこのような3つのポイントを知っておくことが大切です。 奈良県・三重県・大阪府・京都で外壁塗装をお考えの方は、外壁塗装専門店ひなたペイントをご利用ください。