初めて塗り替えをご検討の方

外壁塗装でお悩み、ひなたペイントが解決します

0120-411-606
お問い合わせボタン

【奈良周辺の外壁塗装】外壁塗装の代表的な施工方法とは

代表的な種類が3つある

代表的な種類が3つある
外壁塗装には様々な施工方法がありますが、代表的な施工方法が3つあります。
依頼した後に失敗することがないように、代表的な3つの施工方法の違いを知り、自分が依頼するときにどれを使うのか確認してみてはいかがでしょうか。
代表的な一つは、刷毛です。
刷毛は塗料が飛び散りにくく、細かいところや複雑な場所も綺麗に塗れるというメリットがあります。
自宅の形状が複雑だったり、塗料が飛び散って汚れて欲しくない場合は、刷毛を選ぶといいでしょう。
しかし、使う道具の状態によって仕上がりが影響するため注意してください。
壊れていたり、劣化したりしているものを使うと仕上がりが悪くなります。
また、ひと塗りの範囲が狭いため、時間がかかることも知っておかなければなりません。
工事期間を出来るだけ短くしたい場合は、選ばない方がいいでしょう。

特徴を知った上で選ぼう

特徴を知った上で選ぼう
二つ目はローラーです。
刷毛と比較すると広い範囲で塗っていくことができるため、工事期間が短くなります。
また、塗料の飛び散りも少なく、狭い場所や汚したくない箇所がある場合にお勧めです。
欠点は刷毛と同じように使用する道具が壊れていたり劣化していると仕上がりに影響することです。
さらに、塗料の飛び散りが少ないという魅力がありますが、ローラーに染み込ませるときに飛び散ることがあります。
飛び散らないように簡単に染み込ませようとすると、しっかり塗ることができないため塗料を含ませる際に飛び散るリスクがあるということは避けられません。
三つ目はスプレーです。
これは、凹凸形状ができるため立体感や重圧感を出したいときにぴったりな手法だと言えます。
また、広範囲で塗ることができるため、手作業よりも早く作業が進むのもメリットです。
さらに、補修作業にも向いており、仕上がりの状態が長持ちします。
しかし、噴射して塗っていくため風が吹くと飛び散ってしまいます。
養生を広めにとって汚れないようにしますが、風が吹いていなくても飛び散りは防ぐことは難しいでしょう。
また、使用するスプレーによって噴射する音がうるさく感じたり、ムラが出やすいのも欠点として挙げられます。
このようにそれぞれ特徴があるため、最適なものを選ぶようにしましょう。
奈良県・三重県・大阪府・京都で外壁塗装をお考えの方は、外壁塗装専門店ひなたペイントをご利用ください。