初めて塗り替えをご検討の方

外壁塗装でお悩み、ひなたペイントが解決します

0120-411-606
お問い合わせボタン

【奈良周辺の外壁塗装】外壁塗装の見積もりに価格差がある理由とは

なぜ業者によって費用が異なるのか



奈良にもたくさんの外壁塗装業者が存在するため、どこに依頼しようか迷うでしょう。
迷った時の判断基準の一つは料金ですが、見積もりを依頼した際に大きな価格差が生じるケースがあります。
なぜ、業者によって価格差が生じるのか気になる人もいるのではないでしょうか。
理由の一つは、中間マージンの有無です。
全国展開しているような大手企業の作業は下請け、孫請けに任せていることが多く、中間マージンを高く設定しているところもあります。
特に、施工するために3社、4社と関わる会社が多くなればなるほど余分な料金が発生します。
一方で、地元の会社など地域密着型のところは自社で全てを行うため余計な中間マージンがかかりません。
安いと作業の質も悪いと言うわけではないため、注意しましょう。

担当者や得意分野の違い



担当する職人の経験で料金が異なるケースもあります。 例えば、経験年数が5年と20年の人を比較すると、仕上がりの質に影響を与える可能性があるため、熟年度や年数によって料金が違ってくるのです。
出来るだけ安く済ませたい場合は、素人でも問題ないと思う人がいるかもしれません。
しかし、素人が行い、塗りムラが起きるなど不備が発生すると、塗り直しが必要になって無駄な修繕費が発生します。
ベテランの職人は経験や年数から判断できる事が多く、塗り直しや無駄な費用をかけずに作業することができるので、ベテランに依頼すると安心でしょう。
また、得意な施工によって費用にばらつきが生じることも少なくありません。
得意な部分は自社で行い、自分たちでできないところは他社へ依頼する会社もあれば、全ての作業を自社内で完結する会社もあります。
自社内で完結する場合には中間マージンが不要であるため、他社へ依頼することがあるのか問い合わせてください。
このような理由がありますが、大規模な工事だった場合、100万も差が出ることもあるようです。
悪徳業者に依頼した場合も他社と大きな価格差が生じます。
工事の質と価格がわかりにくいため、素人では提示された金額が相場に近いものか判断しにくく、間違った判断をしてしまう人も少なくありません。
必ず相場を知ってから見積もり金額がふさわしいかどうか判断しましょう。
奈良県・三重県・大阪府・京都で外壁塗装をお考えの方は、外壁塗装専門店ひなたペイントをご利用ください。