初めて塗り替えをご検討の方

外壁塗装でお悩み、ひなたペイントが解決します

0120-411-606
お問い合わせボタン

【奈良周辺の外壁塗装】光触媒塗料で知っておくこととは

特徴を知っておこう


光触媒塗料という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。
よく耳にするのは外壁塗装を行う時です。
様々な種類があるため、どれを選べばいいのか迷うことがありますが、光触媒塗料の特徴を知った上で検討してみてください。
大きな特徴は自然の力で汚れを落とすことができ、認定施工店でしか扱えないことです。
また、空気を浄化する性能もあり、環境に優しい種類だと言えます。
元々はTOTOが開発したもので、この技術をハイドロテクトとも呼ばれることもあり、優れたイメージがあります。
しかし、費用が高く、色や艶の種類が少ないことから、最近ではあまり使われなくなってきています。
また、訪問販売による効果がない塗料を光触媒塗料と謳っている悪徳業者もいるようです。
このようにメリット、デメリットがあるため、特徴をしっかり理解した上で検討することが大切です。

良いことも悪いこともある


メリットの一つである自然の力で汚れを落とすセルフクリーニング機能は、雨が降った時に汚れを分解して洗い流してくれます。
除菌、抗カビ、防藻といった効果も期待できますが、土や砂などの無機質系には効果がありません。
また、太陽が当たりにくい場所では効果が出にくいようです。
太陽が当たる場所と当たらない場所で汚れの差が目立つことがあるため、注意しなければなりません。
空気浄化ができるのも魅力の一つで、延床面積30坪の戸建て住宅はテニスコート4面分の緑地と同じ空気浄化ができるとされています。
お家の周りの空気を綺麗にしていたいという人は大きな魅力だと言えるでしょう。
気になる料金は、塗料の中でも最も高いグレードであり、シリコン塗料と比較すると約2倍もの差があります。
寿命は20年と塗り替える頻度が頻繁ではないため、長い目で見ると塗装費がやすくなりますが、高額なことには変わりありません。
予算とのバランスを考えて考える必要があります。
このように優れている点もあれば欠点もあります。
デメリットがそれほど気にならないのであれば光触媒塗料も検討してみてはいかがでしょうか。
奈良県・三重県・大阪府・京都で外壁塗装をお考えの方は、外壁塗装専門店ひなたペイントをご利用ください。