初めて塗り替えをご検討の方

外壁塗装でお悩み、ひなたペイントが解決します

0120-411-606
お問い合わせボタン

【奈良周辺の外壁塗装】外壁塗装が天候に左右される理由とは

なぜ影響されるのか


外壁塗装に適切な天気があるということを知っているでしょうか。
施工にベストな環境は、晴れていて湿度が低い時です。
そのため、梅雨の時期は仕上がりが湿度や天候に左右されやすく、注意しなければなりません。
雨など天候が悪いと施工ができない理由は、塗料を塗っても乾かないことや、乾いていない状態で濡れると流れ落ちてしまうからです。
流れ落ちてしまうと見た目だけでなく、塗料の性能が発揮されません。
それは、性能は塗膜の状態によって左右されるのが理由です。
一部でも流れると施工は失敗します。
水玉模様のようにまだらになり、ムラができて汚くなってしまうでしょう。
天気は急に悪くなったり、予報が外れたりすることもあります。
ベストな日程を組むことは難しいですが、天候が不安定な時期はできるだけ避けましょう。
今日は雨が降りそう、と思ったときは予想であってもやめておいたほうが良いです。
業者もチェックして判断しますが、心配であれば連絡して確認してください。
天気が回復し、壁が乾燥したことを確認してからもう一度塗り直してもらいましょう。

途中から荒れてきた場合は


さっきまで晴れていたのに急に降ってきた、というケースも少なくありません。
夕方には塗り終わっており、翌日降ってきた場合は乾燥している可能性が高いため、それほど問題はないでしょう。
しかし、塗ってから1、2時間しか経過していないときは乾燥が不十分で流れてしまう危険性があります。
また、塗っている途中に降り出してきたときは一旦作業を中止してもらってください。
天気だけでなく、気温や湿度によっても仕上がりが左右されます。
施工上の注意点として塗料メーカーも製品パンフレットに記載していますが、5度以下の気温、85%以上の湿度、雨や雪が降っている時、結露や霜が降りているときは避けるようにしなければなりません。
このように、外壁塗装は天候によって左右される理由があります。
業者が責任を持って独自に判断して作業を進めていく場合もありますが、依頼主も最低限の知識は身につけて失敗を防げるように判断していくことが大切です。
奈良県・三重県・大阪府・京都で外壁塗装をお考えの方は、外壁塗装専門店ひなたペイントをご利用ください。