初めて塗り替えをご検討の方

外壁塗装でお悩み、ひなたペイントが解決します

0120-411-606
お問い合わせボタン

【奈良周辺の外壁塗装】工事期間中に注意するポイントとは

気をつけたいこととは

外壁塗装は業者に依頼するのが一般的です。 プロに任せたほうが、仕上がりが綺麗になり、自宅もしっかり保護されます。 基本的には作業は全て業者に丸投げするかたちになりますが、依頼主も注意しなければならないことがあります。 例えば、工事期間中の過ごし方です。 自宅の大きさによって異なりますが、どのお家も工事期間が長く、作業手順も多くなります。 普段通りの生活ができないケースもあるため、あらかじめ工事期間中に注意したいことについて知り、少しでも暮らしやすいように工夫をしましょう。 工事期間中は、窓が開けられないことがあります。 特に、壁を高圧洗浄しているときは室内に汚れや水が侵入してくるため、絶対に開けることができません。 また、水圧が強いため窓の鍵も閉めることになります。 その後、塗料を塗っていきますが、そのときは窓を開けることが可能です。 しかし、臭いが室内に入ってくるため、気分が悪くなったり小さな赤ちゃんやペットの体調に影響を与えたりする可能性も考えられるため出来るだけ開けないようにしましょう。 夏場は換気ができなかったり、エアコンが使えなかったりすることもあるため熱中症にかからないように施工中は外出するなど工夫をしてください。

外出する時は

業者が施工をしているときに外出するときは、必ずスタッフに伝えてからお出かけしてください。 基本的には屋外での作業となりますが、工事の際に電源や水道が必要になる時があるため、依頼主が外出していて使用できなくなると工期が延びる恐れがあります。 また、戸締りや施錠はしっかりと行ってください。 信頼しているスタッフだから少しの間は大丈夫と思って出かけるのは危険です。 実際に、作業現場で空き巣の被害が起きています。 スタッフが盗みをするのではなくても、足場やカバーが周囲の視界を遮って、誰かが侵入してきても気がつかないというケースが多くあるのです。 洗濯物をベランダで干している家庭もあるでしょう。 施工中は窓だけでなく、ベランダ、手すりなどもシートで養生されるため、一時的にベランダが使用できなくなり、洗濯物を干すことができません。 無理に干すと塗料や臭いがついたり、業者も作業がしにくくなり工期が長引いたりする恐れがあるため、室内で干すようにしてください。 このようなポイントに注意し、依頼してみてはいかがでしょうか。 奈良県・三重県・大阪府・京都で外壁塗装をお考えの方は、外壁塗装専門店ひなたペイントをご利用ください。