【奈良周辺の外壁塗装】ペットがいる家での外壁塗装の注意点とは

施工中はペットを気にかけよう

犬や猫などのペットを飼っている家庭が多いですが、外壁塗装を行う際は注意しなければならないことがあります。
外壁塗装の施工中は、窓を開けてはいけない、外に洗濯物を干してはいけない、など日々の生活に制限される部分が出てきて不便に感じますが、ペットにも負担がかかるのです。
塗料はもちろん、大きな工事音や作業員の出入りが激しくなり、ペットもストレスを感じることがあります。
さらに、窓が開けられない上にエアコンも使えないため、真夏や寒さが厳しい冬は、ペットの体調にも影響があるのです。
家族の一員である大切なペットを守るために、外壁塗装中は気にかけて体に負担がかからないように対策をしてください。
まずは、どのようなものが影響を与えてしまうのか知っておきましょう。
一つは、塗料の成分です。
水性塗料にはシンナーが含まれていませんが、油性塗料には有機溶剤が含まれているおり、臭いを嗅ぐとフラフラになることや、アレルギー症状が出る、食欲不振、嘔吐などペットにとっても有害です。
現在は水性塗料が主流ですが、建物によって使用できないケースがあるため、業者に確認してください。
また、ペットが塗料を誤って舐めてしまうと危険であるため、完全に乾くまでは外壁に近づけないようにフェンスなどでガードするようにしましょう。

エアコンが欠かせない季節は避ける

外壁塗装の施工中は、換気が行えないことにも注意してください。
人間は暑かったり寒かったりすると洋服で対応できますが、ペットは体温調節が難しく、体調を崩す可能性があります。
最悪の場合には命に関わるため、窓を完全に覆わない方法が可能かを業者に相談して、窓が開けられるスケジュールを組んでもらうようにしましょう。
また、塗装工事を真夏や真冬を避けるのも一つの方法です。
体温調節がしやすいようにエアコンが不要な時期である春や、秋がおすすめですが季節が変わってからにしようと考えているうちに劣化することがあります。
また、ついつい後回しになりタイミングを逃す場合もあるでしょう。
まずは外壁塗装の業者に調査をお願いして、どのタイミングで施工が必要か確認して検討しましょう。
奈良県・三重県・大阪府・京都で外壁塗装をお考えの方は、外壁塗装専門店ひなたペイントをご利用ください。