初めて塗り替えをご検討の方

外壁塗装でお悩み、ひなたペイントが解決します

0120-411-606
お問い合わせボタン

【奈良周辺の外壁塗装】外壁塗装の見積もりで確認することとは

金額以外に確認すべきポイント

外壁塗装を業者に依頼する際、作業に入る前に見積もりを出してもらいます。
多くの人は見積もりで提示された総額だけを確認しているのではないでしょうか。
しかし、見積もりには金額以外にも大切なことが記載されているため、確認すべきポイントを知っておくことが大切です。
これから外壁塗装を依頼する予定のある人は、見積もりで確認する5つのポイントを知っておきましょう。
1つ目のポイントは、塗料のランクです。
全ての塗料が同じランクであるかを確認してください。
ランクが異なる塗料が使われていると、後々トラブルを招く可能性があります。
塗料はランクによって値段も、耐用年数も異なります。
そのため、それぞれの箇所でランクが異なる塗料を使うと外壁は綺麗なまま雨戸や雨どいが剥げているなど劣化するスピードに差が出てしまうのです。
そのため、同じランクの塗料が使われているかどうかを確認してください。

ポイントをおさえて信頼できる業者か判断しよう

2つ目のポイントは重ね塗りの回数です。
外壁塗装は下塗り、中塗り、上塗りの3度塗りが基本ですが、下塗りの省きや中塗りをしないなど悪徳業者は塗る回数を省くことがあります。
3度塗りをすることで塗料の性能が発揮されるため、重ね塗りの回数を必ず確認してください。
3つ目の確認ポイントは見積もりにケレンが含まれているかどうかです。
ケレンは古い塗膜を剥がし、錆びを落とす作業のことで、この作業を省くと新しく塗料を塗ってもすぐに落ちてしまいます。
そのため、下地処理やケレンが見積もりの項目に入っているかの確認が必要です。
4つ目のポイントは塗装面積です。
外壁塗装業者によって塗装面積の算出の仕方が異なりますが、一般的には外壁面積と塗装面積は大きく異なることはありません。
延床面積×3.3×1.2を計算し外壁面積を算出してみてください。
5つ目のポイントは塗装箇所です。
見積もりに塗装箇所が全て書いていなければ、後から追加請求されることがあります。
そのため、塗装しなければならない箇所が全て見積もりに記載されているか確認をしてください。
この5つのポイントをおさえて、信頼できる業者であるか見極めることが大切です。
奈良県・三重県・大阪府・京都で外壁塗装をお考えの方は、外壁塗装専門店ひなたペイントをご利用ください。